ボードゲーム & カードゲーム の 開発

十二季節の魔法使い ~4コマルール紹介~

 

ルール紹介!

f:id:kuragezakana:20200707111227p:plain

f:id:kuragezakana:20200707111217p:plain

f:id:kuragezakana:20200707111248p:plain

f:id:kuragezakana:20200707111238p:plain

 ちょっと詳しく

①ドラフト&デッキ構築

このゲームは序幕(ドラフト)トーナメント(メインゲーム)で構成されます。 

序幕では、9枚のカードをドラフト。

9枚カードを選んだら、3つのデッキに分けます。

f:id:kuragezakana:20200707110917j:plain

2年目・3年目のデッキにはマーカーを。

3つデッキはそれぞれトーナメントの1年目、2年目、3年目に手札に加わるカードです。

トーナメントは3年分ラウンドを行います。

 

②ダイスドラフト&カードプレイ

ドラフトが終わるとトーナメントです。

トーナメントではラウンドを繰り返します。

ラウンドの流れは、以下です。

1:ダイスドラフト

2:プレイヤーが順にターンを行う

 

ダイスドラフトでは、季節ダイスを振ってスタートプレイヤーから順にそこから1つ取ります。

描かれたボーナスを自分のターンに得ます。

 

ターンでは、基本的にカードをプレイして得点や魔力を得ます。

カードはこんな感じ。

f:id:kuragezakana:20200707110858j:plain

真ん中のマーク分のコストを支払います。

これなら赤3つですね。

ちなみに得点は左上。

 

③コストは取ったダイスから

カードプレイに必要なコストはダイスアクションで得ることができます。

ダイスドラフトで取ったダイスにはマークが描かれています。

自分のターンが来たら、そのマークのボーナスを得ます。

f:id:kuragezakana:20200707110907j:plain

 

魔力のマークなら同じ分魔力トークンを得ます。

☆マークは召喚ゲージ+1です。召喚ゲージの数以下しかカードをプレイできません。

カードマークは1枚ドロー。

アラビア数字は、その数分クリスタルを得ます(得点やコストになる)。

また、円のマークがあると魔力をクリスタルに変換できるようになります。

④ゲームは3年で終わり

ラウンドが終わると、残ったダイス下の点の数だけ月を進めます。

1年は12カ月。3年が経過したらゲーム終了です。

 

得点は以下の合計です。

・カード点

・クリスタルの数(ゲーム中に獲得できる得点やコストになるもの)

・ボーナスのペナルティ(固有アクションを行うと点数が下がります)

手札に残ったカード1枚につき-5点

まとめ

というわけでルールの簡易解説でした。

ドラフト→メインゲームと進行し、メインではカードをプレイする。

3年たったらゲーム終了、という感じです。

 

ルールは思ったよりシンプル。少しカードの効果に慣れる必要がありますが、少しずつ慣れていけば大丈夫でしょう(使うカードによって難易度調整できるので初心者でも安心!)

 

気になったら在庫がなくなる前に即購入すべし。大人気ドラフトゲームを楽しもう!

十二季節の魔法使いでした!

 

・前回はコチラ

blog.bodomart.com

 

十二季節の魔法使い 日本語版

十二季節の魔法使い 日本語版

  • 発売日: 2013/07/03
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 
十二季節の魔法使い 魅ノ国 日本語版

十二季節の魔法使い 魅ノ国 日本語版

  • 発売日: 2019/08/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 
十二季節の魔法使い 運命の行方 日本語版

十二季節の魔法使い 運命の行方 日本語版

  • 発売日: 2019/08/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です