ボードゲーム & カードゲーム の 開発

【委託販売中!】六分将棋(サイコロサーカスさん)~紹介・ルール説明~

 推しポイント!

・短時間で深い読み合いを!

・将棋を知らなくても楽しめる!

・知ってる人はさらに!! ……駒の新たな一面も。

はじめ

今回紹介するのはサイコロサーカスさんの「6分将棋」です!

f:id:kuragezakana:20200602105632j:plain

中はこんな感じです!

新たに委託してくださった商品で、現在ボドマートで販売中!

(近日中にAmazonでも販売開始!)

気になった方は是非手に取って遊んでみてくださいね。

・ご購入はこちらから

https://otemachi-spin.jp/shop/product/%ef%bc%96%e5%88%86%e5%b0%86%e6%a3%8b/

 

さて、このゲームは概要を説明します。

6分将棋は2人用のゲーム。

このゲームでは将棋の駒が描かれたカードを使用します。

王・金・銀・飛・角・桂・香・歩、各1種。

これらを使い合計8回勝負をし、勝ち数の多い方が勝ちです!

シンプル!

 

では、盤は?

9×9?

……いえ。

なんと、5+3+1。

宇宙初見えない将棋盤を使用します!

f:id:kuragezakana:20200602111805p:plain

変則的な盤を使用!

 

紹介

ルールは簡単。

攻守を入れ替え8回勝負して、より多く勝った方の勝ち!

勝負の仕方はこんな感じ。

 

まず、守備側が盤上にカードを裏で置きます(何かわからない)。

次に、攻撃側がそのカードを取れるように表でカードを置きます

f:id:kuragezakana:20200602111618p:plain

攻撃側のカードを取れるようにカードを置く。

そして、勝敗判定!

カードを表にして、攻撃側が一方的に守備側のカードを取れるなら1勝!

お互いのカードが相手に取られるなら引き分け。

使ったカードはもう使えません。

f:id:kuragezakana:20200602111735p:plain

一方的に取れたら勝ち! 相打ちは引き分け。

 超シンプルです。

しかし、奥が深い。

 

というのも、駒の新たな一面が窺えるのがいい!

 

駒によって得意な場所があるのがとてもいいです。

例えば、このゲームでは王は真ん中が得意です。桂馬以外では取れません。

金ならこのマス。苦手な後ろが消え、盤の都合で角でも取れません。

f:id:kuragezakana:20200602111723p:plain

各駒に得意な場所がある!

 

こんな感じで、駒の得意マスはやっていくうちになんとなくわかっていきます。

そうなったら、強烈な読み合いが始まります。

さっき上げた得意な位置の例。これらは完璧ではありません。

王は桂馬に、金は香・飛に取られます。

f:id:kuragezakana:20200602112115j:plain

もちろん弱点も。

 

どの駒の配置にも弱点があるのがとてもいい!

それを利用して相手の裏をかけた時の楽しさは格別です。

 

そして、ゲームが進むと使用カードが減るので、絶対に勝てるパターンも出てきます。

それはさながら将棋の詰み手順の様(将棋なので当然?)!

 

簡単ながら奥の深い。そして、将棋の駒の可能性に気づかされるすごいゲームなんです!

 

以下に詳しいルールを説明しますね。

 

勝負の作法(ルール)

準備

①将棋に詳しい人が先手になり、もう一方が後手になります。

先手は「せんて(黒)」のカードを、後手は「ごて(白)」のカードを受け取ります。

②盤を作ります。盤カードを2枚組み合わせます。

 終了条件・勝敗判定

8回勝負をしたらゲーム終了。勝利数が多い方が優勝です。

また、【一発桂桂】によっても勝敗が決まります。

 ゲームの流れ

①先手が盤上の好きなマスにカードを裏向きで置きます。【守備】

②後手はカードを表で置きます。【攻撃】

その際、以下の2点を満たすように置きます。

・先手のカードがとれる(移動先に相手のカードがある)。

③先手は裏のカードをオープンします。

④勝敗判定をします。

・後手が先手に取られないなら、後手の勝ち!

・お互いが相手に取られるなら、引き分け。

 勝った札は横に表で置いておきます(これで勝ち数を数える)。

他の使用カードは捨てます(区別がつくように除けておきます)。

 ⑤攻守を入れ替えて①~④を繰り返します。

★一発桂桂★

④勝敗判定の際、お互いのカードが桂馬なら即ゲーム終了!

先手の優勝です!!

f:id:kuragezakana:20200602112147j:plain

このルールが読みあいを深くする!

 まとめ

というわけで、今回はサイコロサーカスさんの「6分将棋」を紹介させていただきました!

将棋が好きな方や読み合いのゲームがと好きな方にお勧めのゲームです!

是非、手に取って遊んでみてください!

 

・購入はこちらから!!

https://otemachi-spin.jp/shop/product/%ef%bc%96%e5%88%86%e5%b0%86%e6%a3%8b/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です