ボードゲーム & カードゲーム の 開発

テラフォーミング・マーズ拡張 プレリュード~ルール説明~

はじめ

今回はプレリュードのルール説明をしていきたいと思います!

プレリュードカードの使い方とワイルドタグについて説明していきます!

 

プレリュードカード

準備

新規プロジェクト・企業カードを基本セットに入れ混ぜます。

プレリュードカードは別にしてよく混ぜます。

 

手順(配布)

プレリュードカードはゲーム準備の際各プレイヤーに配られます。

企業カードやプレリュードカードを配った後、プレリュードカードの山から4枚ずつ配ります。配られたカードは他人に見せず自分だけ確認します。

f:id:kuragezakana:20200529102614j:plain

4枚配る!

 

つまり準備の際、10枚のプロジェクトカード2枚の企業カード4枚のプレリュードカードが配られるというわけです。

f:id:kuragezakana:20200529102555j:plain

ここから最高のカードを選ぶ!

手順(使用)

プレリュードカードはゲーム開始前にプレイされます。

 

企業カードを公開しプロジェクトカードを購入した後、親から時計回りにプレリュードをプレイします。

 

4枚の中から2枚選んでプレイします。残りは捨て札にしてください。

そして、書いてある効果を使用します。

プレイしたプレリュードカードはプロジェクトカードのように自分の前に置いておきます。

*プレリュードカードにもタグがあります。

f:id:kuragezakana:20200529102625j:plain

4枚中2枚プレイ!

 

ワイルドタグ

はてなマークのタグが登場します。

これは任意の種類として扱えるタグです。

f:id:kuragezakana:20200529102604j:plain

結構強い!

 

少しややこしいルールがあります。

・プレイした後、ワイルドタグは任意のタグとして扱えるようになる。

・何らかのアクションを実行する際、ワイルドタグを任意のタグとして扱う。

 

つまり、どういうことかというと。具体例はこんな感じです。

・ワイルドタグを持つカードのコストとして、建材やチタンは使えない。

→プレイする前にはワイルドタグは機能しないため。

 

・条件科学タグ×2のカードを、科学タグ×1・ワイルドタグ×1で使用できる。

→「カードのプレイ」というアクション実行の際、ワイルドタグを科学タグとして扱い、科学タグ×2にしたため。

 

・建設師(建物タグ×8)の称号を、建物タグ×7・ワイルドタグ×1で獲得できる。

→「称号の獲得」アクションの際、ワイルドタグを建物タグとして扱ったため。

 

・科学王(科学タグの数参照)の褒章で科学タグを数える際、ワイルドタグを数えることができない。

→褒章のチェックはアクションではないため。

 

まとめ

プレリュードカードのルールはシンプルです。

はじめに4枚配って2枚使うだけ。

むしろ、ワイルドタグの方がややこしそうですね。

 

プレリュードはおススメセット!

既存の企業を遊びつくしたプレイヤーにはさらにおススメ。

是非遊んでみてください!

 

・前回はコチラ

blog.bodomart.com

 

 

テラフォーミング・マーズ 完全日本語版

テラフォーミング・マーズ 完全日本語版

  • 発売日: 2017/10/07
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 
テラフォーミング・マーズ拡張 プレリュード 完全日本語版

テラフォーミング・マーズ拡張 プレリュード 完全日本語版

  • 発売日: 2019/07/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です