ボードゲーム & カードゲーム の 開発

【アレボド】別れをお題にしたらslackが不調になったけど、それはそれとしてボドゲを作る

f:id:fnymkzy:20200402121854p:plain

考え中

今日のお題は「別れ」。さよならだけが人生だ、なんて言葉もありますね。井伏鱒二が都々逸調に訳した漢詩の一文だとか。

 

別れとは悲しいものですが「あーようやく縁が切れたー清々するわー」なんて別れもあるかも? 人生色々と言いますし、別れもまた色々あるでしょう。もっと考えると「別れたいけど別れられない」「別れたくないけど別れないといけない」なんて複雑な事情の関係もあるでしょう。

 

お、ジレンマっぽいですね。ということはゲームにできますね。

 

概 要

『お友達 ”まで” でお願いします』

 キャラクターにいろんな要素を足して、別れたくないギリギリを探る心理ゲーム。

 

ルール

①これから要素を足すキャラクターの見た目を決める。顔のイラストが描かれたカードを混ぜて一枚公開する

 

②各プレイヤーは美点カードをキャラクターに付け加える。美点カードには人間的に好ましいとされる要素(礼儀正しい、優しい、など)が書かれている。美点カードをよく混ぜてキャラクターの下にランダムに5枚並べて公開する

 

③「そのキャラクターと仲良くしたい」と思う人は手を挙げる。二人以上手を挙げたらゲーム続行。

 

④次にスタートプレイヤーから「仲良くしたくなくなる要素(嫌な所)」を追加していく。嫌な所は、プレイヤーが自由な発想で言って良い

 

⑤嫌な所が追加される度に③の挙手を行う(ただし、直前に嫌な所を追加したプレイヤーは挙手に参加しない)。手を挙げる人が1人になったら、直前に嫌な所を追加したプレイヤーが勝利。誰も手を挙げなくなってしまったら、そのラウンドは失敗として①からやり直す

 

雑 感

全員に嫌われると失敗になるので、ほどよく嫌なキャラクターに仕上げましょう。

ルールを考えながら、嫌な所を追加するというネガティブ方向と、良い所を追加するポジティブ方向とでどっち向きのゲームにしようか悩みました。結局、嫌な所を追加する形にしたのは「その方が考えやすいだろう」と言う理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です