ボードゲーム & カードゲーム の 開発

【アレボド】1時間で8時間をボドゲにしてみる

f:id:fnymkzy:20200402121854p:plain

考え中

突然ですが、時間って大切ですよね。有限で巻き戻せないですから。

 

今日はメーデーということで「8時間労働制」から取って「8時間」がお題です。1日=24時間の1/3。その時間内で結果を出さないといけない訳で、時間って大切。テンポよく進めて行きたい。

 

何やら意識高いっぽいことを言ってますが、残業とか大嫌いという話です。遊ぶ時間をしっかり確保したい。とは言え、仕事は締め切りに間に合わせなければ……

 

あ、これはジレンマですね。ということはゲームにできるはず。

「8時間」と言うリミット。リミット内での「成果」を競う。時間超過でペナルティ。そんなゲームにしてみましょう。

 

概 要

『残業禁止令』 3~4人

8時間(16×0.5h)をやりくりして、仕事をこなして勝利点を得よう。こっそり残業もできるけど、ペナルティもあり。

 

ルール

①場に8枚の仕事カードを公開する。仕事には所要時間と勝利点と減点が書かれている

 

②各プレイヤーは16個の「0.5hトークン」を持つ

 

③スタートプレイヤーから順にカードを2枚獲得する。この段階では勝利点にはならない

 

④スタートプレイヤーから順に③で獲得したカードを1枚ずつ使用する。獲得したカードは以下の使い方ができる。

・他のプレイヤーに押し付ける

・自分の0.5hトークンを所要時間分だけ消費して「達成」する(勝利点を得る)

・他のプレイヤーと0.5hトークンを共有で出して消費して「達成」する(最も多くトークンを出したプレイヤーが勝利点を得る)

 

共有でトークンを出す場合、そのカードを持つプレイヤーから順にトークンを任意の数だけ出していき、所要時間分が溜まった時点で結果が決定される。トークンを出さないなら「パス」を宣言する

全員がパスした状態で所要時間分のトークンが溜まっていなければ、そのカードを持つプレイヤーは不足分を自分で出すか、カードを未達成にするか選択する(出したトークンは未達成でも返ってこない)

 

⑤全員のトークンが無くなった時点で通常ラウンドは終了

 

⑥通常ラウンド終了後、望むプレイヤーは残業することができる。残業は未達成カードを1枚選んで達成にできる。1枚達成するたびに0.5hトークンを2つずつ渡される(最終的にペナルティになる)

 

⑦全てのプレイヤーが残業を終えたら、勝利点を計算する。計算は以下の手順で行う

 1. 残業によって渡されたトークンが最も多いプレイヤーは失格になる

 2. 達成したカードの勝利点を合計する

 3. 未達成のカードの減点分だけ勝利点を引く

 4. 残業によって渡されたトークン1つに付き1点減点する

 

最後に最も得点が多かったプレイヤーが勝利

 

雑 感

仕事(カード)を押し付けたり手分けしたり、時間(トークン)をやりくりするゲームになりました。カードの勝利点、減点、所要時間分のバランスが重要になりそうです。若干、スタートプレイヤーが有利かな? とも思うので、その辺りも調整が必要かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です