ボードゲーム & カードゲーム の 開発

【アレボド】「惑星」をボドゲにしてみよう

f:id:fnymkzy:20200402121854p:plain

概 要

『天体ポーカー』

太陽系の天体が書かれたカードを使って役を作るポーカーゲーム。惑星、準惑星、衛星……共通点を探す知識+検索力勝負。

 

ルール

 ①太陽系の惑星(8枚)、準惑星(5枚)、衛星(17枚:各惑星、準惑星ごとに2つまでピックアップ)の計30枚を使用する。カードを裏にしてよく混ぜて山にする

 

②各プレーヤーに3枚ずつ手札を配った後、山札の一番を表にする。この一枚を場札とする

 

③各プレーヤーは手札のカードと場札で「共通点」を見つける。この共通点が役になる。役は条件が厳しいほど強く、同程度の厳しさであれば枚数が多い方が強い

例えば「太陽系の星」と言う共通点(役)は、全てのカードに当てはまるので最も弱い。一方「衛星を持たない惑星・準惑星」と言う役は水星・金星・ケレスの3つだけが当てはまるので強い役なる

 

④共通点はスマホなどで調べて良い。役が決まったら、その役に使うカードを自分の前に伏せる。同時にカードを公開して、順番に役を説明する。プレイヤー間で相談して役の強弱を決め、最も強い役を作った人が勝利

 

雑 感

雑学と検索して得た新たな知識が飛び交うコミュニケーションゲームになりそう。勝ち負けよりも宇宙の話で盛り上がるのが楽しいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です