ボードゲーム & カードゲーム の 開発

【アレボド】「カッター」をボドゲにしてみよう

f:id:fnymkzy:20200227120051p:plain

今日は「カッター」をボドゲにしてみよう。

『すんどめカッター』
厚さが分からない紙をカッターで切る。
ただし、机は傷付けずに。
と言うイメージのバーストゲームです。

①1人がカードを引く。カードには1~10が書かれている
 数字は引いた人だけが見る(紙の厚さ・固さ)

②他のプレイヤーは順に数字を予想して言う(力加減)
 全員が予想した後、カードを引いたプレイヤーが
 数字以上の数を言ったプレイヤーに失格を言い渡す

③残っているプレイヤーが再度予想する
 最初に出目を当てたプレイヤーが勝利

以上です。
かなりシンプルです。
カードの枚数に傾斜を付けるのも良いかも。
失格した人の数字を手がかりにしていけば確実に
正解できますが、後手に回ると勝てません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です