ボードゲーム & カードゲーム の 開発

【アレボド】「ベッド」をボドゲにしてみよう

f:id:fnymkzy:20200220120231p:plain

今日は「ベッド」をボドゲにしてみよう。

『ベッドの下には……』
ベッドの下には、お宝? それとも危険な斧男?
ブラフと読み合いのゲームです。

①裏にベッド、表に以下の3種類が描かれたカードを使う

・何もない:特に効果がないカード 3枚
・お宝  :他人に見られると恥ずかしいお宝 1枚
・斧男  :斧を持ちベッドに潜む都市伝説 1枚

②各プレイヤーは上の3種類計5枚をそれぞれ持ち
 そのうち3枚を選んで、好きな順序で裏向きに重ねて
 自分の前に置いて山札にする

③スタートプレイヤーは表を見るカードの枚数を宣言する
 次のプレイヤーは、それより多い枚数を宣言するか、
 パスする

④最も多くの枚数を宣言したプレイヤーは、
 各プレイヤーの山札から宣言した枚数、表にしていく
 このとき、どの山札を選んでも良く、3枚を引き切らず
 別の山札に移動しても良い
 ただし、必ず山札の上から表にしていくこと

⑤引いた際の結果で点数を得る

A.宣言枚数を引き切った    :枚数×1点
B.引き切り、自分のお宝も引いた :Aの得点に+3点
※引き切れないと得点なし
C.他人のお宝を引いた     :その瞬間1点
※そこで引くのを止めても良い
 宣言枚数に足りていないならA.B.の得点はない
D.斧男を引いた        :-5点
※そこで引くのを止めなくてはならない
※C.による得点は得られる

⑥結果が決まったらラウンド終了
 カードを引いたプレイヤーが
 次のスタートプレイヤーになる

⑦3ラウンド行い、最も点数が多いプレイヤーが勝利

以上です。
デッキ構築と競りを組み合わせたゲームにしてみました。
SKULL-スカル- というゲームに少し似てますね。
あちらの方がよりスマートな印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です