ボードゲーム & カードゲーム の 開発

ブラウメアって、どんなゲーム? その2

こんにちは!

今回もゲームマーケット2019秋の新作、『ブラウメア』とはどんなゲームなのか? というのをお伝えさせて頂きます!

今回紹介するのは、ブラウメアが実際どのようなゲームなのか? という所です。

今回はゲームの流れを、ミトの視点から見ていきたいと思います。

ミトは、ほかのゲームで言うと「村人」のポジション

悪夢に囚われ記憶がバラバラになってしまったミトは、力を合わせて脱出に望みます。

ゲームが始まると、プレイヤー達はミトとなり、フラフラとボード上を彷徨いながら、自らの記憶の断片、「記憶カード」獲得していきます

記憶カードには抽象的な絵が描かれていて、どのようなカードを引いたかは他の人に見せてはいけません。

そして、他のプレイヤー……に対して、自分の持っている記憶カードを持っていないか、聞くことができます。

ですが、記憶喪失になってしまったミトは上手く伝えることができません。

各プレイヤーは自らの持つ「手がかりカード」に書かれているお題にあった言葉で伝えなければならないのです!

周りにいる他のプレイヤー達は、自分が同じカードを持っていると思ったら、「覚えてます」と宣言できます。

覚えている人がいたら、ターンプレイヤーと覚えている人はそれぞれ記憶カードを1枚ずつ裏向きで中央に出して、重ねます。

このカードが同じカードのペアであれば成功! この悪夢からの脱出に1歩近づきます。

3種類のペアを作れれば脱出成功! 見事悪夢の世界から脱出することができます。

次回はナイトメアの視点から、このゲームをもっと掘り下げて行こうと思います。

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です