ボードゲーム & カードゲーム の 開発

おすすめボドゲ紹介 「カーニバル・モンスターズ」~概要~

はじめに

おすすめゲーム紹介ということで、今回はカーニバル・モンスターの紹介をしていきたいと思います!

 

f:id:kuragezakana:20200406125222j:plain

イラストがいい

このゲームはリチャード・ガーフィールドによって作られたドラフトゲームです!

 

なんのこっちゃと思う人もいるかもしれません。ですが、「リチャード・ガーフィールド」・「ドラフトゲーム」の並びで大歓喜する人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

そう。リチャード・ガーフィールドMTG(マジックザギャザリング)というTCGの元祖を作った人です!

 

f:id:kuragezakana:20200406125946j:plain

説明書に写真が。

そして、その人が作ったカードドラフトのボードゲーム

 

それが、「カーニバル・モンスターズ」なんです!

 

 

概要

フレーバー

プレイヤーは怪物園のオーナーです。王立モンスター協会の会員になるべく、さまざまな怪物を集め、注目されるコレクションを作ることを目指します。

 

より強大な怪物をコレクションするためには、それ相応の土地が必要になるので注意しなければなりません。

 

他のプレイヤーと怪物土地、そしてスタッフを奪い合い、最高のコレクションをつくりあげましょう!

 

というのがこのゲームのフレーバー。

 

ゲーム内容

ゲームのジャンルはドラフトゲーム全4回のラウンドがあり、1ラウンド8枚のカードをドラフトします。

 

4回目のラウンドが終わったらゲーム終了。もっとも勝利点が高い人の勝利です!

 

カードドラフトだけの、実はとってもシンプルなゲーム。

 

カードがたくさんあるゲームはちょっと。という人にもお勧めです(カードに文章はほとんどありません)!

 

コンポーネント

使うカードはなんと206枚

f:id:kuragezakana:20200406125254j:plain

大量!

 これだけあれば、何度やっても違うゲーム展開を楽しむことができますね。

 

カードはこんな感じです!

 

f:id:kuragezakana:20200406125232j:plain

これはモンスター。

MTGを知っている人は、「なんか知っている雰囲気」となるイラスト。よい。

 

そもそも、モンスターと土地というのがMTGのそれですからね。

 

また、同じカードでもイラストが違うのがいい!

 

コンポーネントはこんな感じです。

 

円形のゲームボードは雰囲気があってとてもいい(慣れたら使わなくていいのは秘密)。

f:id:kuragezakana:20200406125212j:plain

ゲームボード。置き場が示されている。

プレイヤーシートもドラフト順を示す数字があって親切ですね(慣れたら使わなくていいのは秘密)。

 

f:id:kuragezakana:20200406125648j:plain

プレイヤーシート。ドラフトの向きが示されていて親切。

あとは、コインと狩猟トークンとダイス3個。

 

f:id:kuragezakana:20200406125243j:plain

コインは大量にある。使う分だけ出すとすっきりする。

**ダイスに関しては重要なエラッタが公式から出ています**

 https://arclightgames.jp/%e3%80%90%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%bf%e3%80%91%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%ba/

 

これらを使ってゲームをしていきます。

 

まとめ

というわけで、今回はこれで終わりです。とてもいいゲームなので買って遊んでみてください!

 

次回からはルールを具体的に説明していきます。興味があったら次も見てみてください。よろしくお願いします!

 

次の記事はこちら。

blog.bodomart.com

 

 

カーニバル・モンスターズ 完全日本語版

カーニバル・モンスターズ 完全日本語版

  • 発売日: 2020/03/26
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です