ボードゲーム & カードゲーム の 開発

年末社内ボドゲ会レポ 〜ウイングスパン〜

①紹介・概要

噂の鳥ゲー、ウイングスパン!

ジャンルはエンジン構築ゲー、と思われます。

プレイヤーは愛鳥家となって、自分の土地に多くの鳥を呼び込みます。

特筆すべきは、コンポーネントの豪華さ。 

f:id:kuragezakana:20200124173735j:plain

豪華!!

個人ボードは図鑑を意識した豪華仕様! 

ダイスタワー同梱!

トレイとして使えるカード収納ボックス! 

カラフルな卵!

 

そして、何と言っても170種ハイランダーの鳥カード!!

 

どのカードにもとても綺麗な鳥のイラストが描かれているんです。

プレイする前から楽しくなってきますね。

 

②ルール

全4ラウンドを行い、最も勝利点が大きかった人の勝ちです。

1ラウンドでプレイヤーは8回のアクションを行えます(後に変動)

行えるアクションは4種類。

鳥のプレイ・餌の獲得・産卵・カードの獲得

餌は鳥をプレイする際のコスト。卵は鳥をプレイする際のコスト兼勝利点です。

 

鳥カードはカードを置くマスが、横5マスが縦3列ある個人ボードに置きます。

この列は上記のアクションに対応しています。

f:id:kuragezakana:20200124173827j:plain

上から餌の獲得・産卵・カードの獲得。

鳥は左詰で置いていきます。

アクションは最も左の見えているマスの効果を参照するので、カードを置く度に1つずつ隠れていき、アクションが強力になっていく仕組みです。

さらに、アクションが強くなるだけでなく、その列にある鳥の能力を使うことができます!

 

これがエンジン構築ゲーと呼ばれる所以。

例えば、「卵を1個捨てて、2枚引く」鳥を産卵の列においた場合。

卵を得た後、その卵を捨てて、カードを引くことが可能になります!

そして、このような鳥の能力。なんと列にあるもの全てを使うことができます。

そのため、起動するだけで大量得点できる最強の列を作ることも可能!!

 

③感想

鳥のイラストがすごくいい。

ゲームも、大量のカードとコストの管理、対戦相手と勝利点の取り合い(少なめ)と楽しめる要素が盛りだくさんです!

カードでコンボを組むのも楽しい。

総じて程よい重さのゲームと思います。

 

一方、他プレイヤーと関わることが少なめなので、ガッツリとした殴り合いが好みのプレイヤーには向かない可能性があります。

とはいえ、出し抜けるところを突きたくなるのはプレイヤーの性。

プレイしてみた感じ、聞いていたよりも出し抜く要素はあるなと感じました。

1つ目は目標。ウイングスパンでは、各ラウンドに目標が設定されます。例えば、鳥の数とか。

その順位に応じて、勝利点が入ります。

1位と2位にはどのラウンドでも3点差がつきますので、結構大きな差になります。

2つ目は巣箱の餌。

餌の種類が描かれた5個のダイスを振り、その中から早い者勝ちで餌を取ることができます。

5個取られてなくなったら、振り直してリセット。

種類によって需要の差があるため、うまくいらない餌を残し取ることで他人の妨害ができます。

他にも、場の鳥は早いもの勝ちですし、相手の行動にとって能力が誘発する特別な鳥もいます。

 

あとはローカルルールについて。

そのままで遊んでももちろん楽しいのですが、うちでは2つルールを付け加えています。

1つ目は、2種のカラスを除外する。

「起動:他の卵1つを捨て、好きな種類の餌を2つ得る」という効果の鳥です。

いろんなカードがありますが、群を抜いて強いと思います。これを設置した瞬間、餌の獲得のアクションを選ぶ必要がなくなります。

それどころか、産卵列に配置したら卵も増える。結構めちゃくちゃです。

2つ目は、初手5枚をドラフトする。

170種類もあるので、鳥カードには当然強弱があります。

通常ルールだと初手5枚と場の3枚しか見れないので、弱鳥しかいないなんてことがそこそこ起こります。

ドラフトを行うことによって、その問題の緩和ができ、強そうな組み合わせを見つける楽しみが増えると思います。

 

ボードゲームの良い点は、プレイする場所や人によってローカルルールを作りやすいことです。

麻雀の役とか、大富豪の効果とか(高校でQボンバーなるルールを知った時は流石に興奮しました)。

関係ないですが、うちではテラフォーミングマーズ基本面では、タルシスと火星鉄道はBANしてます。強くないですか、あれ。

遊び手が決められたルールを変えることができるのは、他の遊びと比べて珍しいのかもしれません。

作ってる側としては、ちょっと! と思うところもなきにしもあらずですが。

遊ぶ側が面白いと感じられればいいですよね。

作者の意図よりも、遊び手の感想。

 

……脱線しましたね。

というわけで、ウイングスパン。拡張も海外では出てるみたいですし、いくらでも遊ベるゲームと思います!

面白いので、よければ是非!

 

 

ウイングスパン 完全日本語版

ウイングスパン 完全日本語版

  • 発売日: 2019/10/17
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です