ボードゲーム & カードゲーム の 開発

【アレボド】「塩」をボドゲにしてみよう

f:id:fnymkzy:20200305122110p:plain

今日は「塩」をボドゲにしてみよう。

『サラリー』
給料と言う意味のサラリー、語源は塩だそうです。
と、言うことでサラリーを稼ぐワーカープレイスメント。

①各プレイヤーはワーカーを2つずつ持つ
 石1つ、木1つ、布1つ、塩1つが得られる場所が各1つ
 「戦場」が1つある
 戦場にはワーカーを同時に2つ置かないといけない

②各プレイヤーは順にワーカーを1つ(戦場のみ2つ)
 配置する。手番の度に、共有のカウンターを1つ進める

③配置が終わったプレイヤーは手番の代わりに
 対応した資材を得てワーカーを回収する
 戦場だけは特殊で、このときコイントスする
 裏ならワーカー1つを失い、塩は得られない
 表ならワーカーは無事に帰還し、塩3つと勝利点1を得る

④資材があるならワーカーを建築かスカウトに置ける
 建築なら資材を使って建物を建てられる。建物は
 自分だけが使えるワーカー配置場所として使える
 スカウトなら、塩3を使ってワーカーを1つ増やせる

⑤カウンターがプレイヤー数×20に達したらゲーム終了
 (その時点で置かれているワーカーによる資材は獲得)
 勝利点が最も多いプレイヤーが勝利

以上です。
戦場とターンのメカニズムに工夫を入れてみましたが、
実際の面白さは建築の内容次第な気がします。
きちんと考えて作りきってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です